キャベツの美味しさをまるごと頂ける、ノンオイルキャベツのたれ

自社ベーカリーパンダ工場
オリジナル商品

トップページ > オリジナル商品 > キャベツのたれ



キャベツは栄養の宝庫。
キャベツのビタミンは水溶性で熱に弱いため、サラダで摂るのがオススメです。そこで、ノンオイルだからさっぱりして美味しい「ながの屋キャベツのたれ」でキャベツを美味しく食べましょう!
ここでは「ながの屋キャベツのたれ」でいただく際の栄養素を逃がさない工夫とキャベツに秘められたパワーを紹介します。

栄養素を逃さない工夫

水で洗い流すと、水溶性のビタミンが逃げてしまいます。なるべく大きい葉の状態で、洗ってから切るのがオススメです。ただし、水にさらすとアクが抜けて変色が防げるという利点があり、シャキシャキとした食感も出ます。水にさらす場合は、さっとくぐらせるか、1〜2分程度に留めると良いでしょう。

ビタミンCがタップリ

ビタミンCは美容や対ストレス、免疫力アップ、風邪予防などに欠かせない成分です。キャベツの葉大を約2枚(120g)摂れば、1日に必要な量のビタミンCを摂ることができます。緑色の濃い、外側の葉に多く含まれています

胃の働きをサポートする(ビタミンU)

キャベツから発見されたビタミン様物質。胃の働きをサポートして食べ物の消化を促します。正式にはアミノ酸の一種です。

成長期のお子様に(ビタミンK)

ケガの止血や、骨を健康に保つために役に立つのがビタミンKです。この栄養素もキャベツの葉大を約2枚摂れば1日の必要量がカバーできます。いっぱい食べて健康な毎日を送りましょう。

その他の栄養素

他にも食物繊維や抗酸化作用を持つイオウ化合物など、注目の成分がいっぱいです。健康な食生活にオススメなキャベツを「ながの屋キャベツのたれ」で美味しく食べてみませんか。


ページトップに戻る