本格芋焼酎 馬鹿正直

本格芋焼酎 馬鹿正直とは一年もの間、蔵の中でじっくり熟成させ大切に育て上げた芋焼酎で株式会社永野が創業明治初期 株式会社正春酒造様のご協力を得て独自のブレンドで作り上げました。どなたにも気軽に飲めるすっきりとした爽やかな飲み口と、ほのかに香る芋の香りと甘みが特徴です。焼酎好きにはたまりません。

芋焼酎はさつまいもを原料に作られる焼酎ですが、さつまいまもはあまり保存がきかず、 傷みやすいので新鮮な芋を確保できるさつまいも産地でしか芋焼酎を作ることができません。 宮崎県は芋の生育に恵まれた風土にあり、焼酎作りが盛んな理由はここにあるのです。 「馬鹿正直」に使用されている黄金千貫はでんぷんの量が多く、 これによって原料である芋の持ち味を生かした高品質な本格芋焼酎に仕上ります。

黄金千貫
清水兼(きよみずがね)

正春酒造様の焼酎は西都の「清水兼(きよみずがね)の地下水」のやわらかい水質を利用した飲みやすい焼酎です。 焼酎の味の違いは蒸留技術や原料である芋よりも、蔵元が使用する水で大きく左右されています。 正春酒造の焼酎がどの焼酎よりも飲みやすいのは「清水兼の地下水」の力にほかならないのです。

日本の伝統食である焼酎を作るのに欠かせない麹菌。焼酎の味の良し悪しは麹菌によってかなり左右されるといわれています。 本格芋焼酎「馬鹿正直」は、業界では全国的に有名な河内源一郎商店で発見された「河内菌白麹」を使用しています。 種麹づくり一筋の職人技が活きる白麹は、おだやかで、ふくよかな甘みと深みがあり奥深い味わいをつくり出しています。 「馬鹿正直」は日本食の原点であるお米の特徴を、極限まで引き出す仕込み方法で醸造されています。 また、原材料に含まれる宮崎酵母はアルコールの発酵が良いため高い評価を得ています。

白麹仕込み

ページトップへ戻る